このページは以前の情報です。新しい情報はこちらをご利用下さい。
平成29年(2017) 高遠城址公園さくら祭り

日本100名城

◆日本100名城のスタンプは、歴史博物館に置いてあります。
日本100名城とは・・・
財団法人日本城郭協会が、平成18年2月13日に定めた日本の名城100城。
その選定対象は、
①優れた文化財・史跡、②著名な歴史の舞台、③時代・地域の代表
と規定され、各都道府県1城以上5城以内として全国から100カ所が選定されました。
平成19年6月からは100名城を探訪するスタンプラリーも開始されています。
高遠城は、No.30で登録されていてスタンプは伊那市立高遠町歴史博物館にあります。
長野県では他に松代城(長野市)上田城(上田市)小諸城(小諸市)松本城(松本市)が選定されています。
高遠城(国指定史跡)の歴史
高遠は、鎌倉時代からの歴史があり、古くは土豪や貴族の領地として農耕が行われてきましたが、南北朝の頃からは諏訪氏の所領となり、その一族である高遠氏が三峰川と藤沢川に侵食された丘の上へ高遠城を築き伊那一円を治めました。この城は天然の地形を利用しており、中世の避難するために造られた山城と、戦略的な戦国時代の平城の中間である平山城の特徴をよく残しています。 高遠氏は7代続きますが、戦国時代になってからは甲斐の武田信玄が信濃へ進攻するようになり、天文年間には諏訪氏、高遠氏が相次いで滅び、高遠は武田氏が支配するところとなりました。これ以降、高遠城は信玄の南信濃攻略の拠点となり、天文16年(1547)に東にあった大手門を西に変えるなど大規模な「鍬立て(くわたて)(改修)」が行われました。この改修に関わったのが山本勘助であると伝えられており、勘助曲輪(くるわ)の名が今でも残っています。
高遠城は天守閣はなく櫓(やぐら)と塀、屋敷で構成されていましたが、城域五町歩(5ha)ほどの小規模ながら、当時の進歩した築城技術と武田流兵法を勘案して築いたといわれ、城としての必要条件はみな備えた要害城でした。
信玄は駿河(するが)や遠江(とおとうみ)に進出する重要な基地として、高遠城には弟の信廉(のぶかど)、四男の諏訪(武田)勝頼、五男の仁科盛信など近親者を置きました。
しかしながら、元亀4年(1573)に上洛中の信玄が病没すると、長篠の戦いの大敗を機に求心力を失った武田氏の勢力は急激に衰退しました。
天正10年(1582)に武田氏と縁戚にあった木曾氏が謀反を興すと織田信長は武田征伐を開始し、五万の大軍で伊那谷を北上してきました。これを迎え撃つはずの南信濃の諸城は将兵が逃亡するか寝返ってしまい、織田勢は無血のまま高遠まで進軍しました。
時の高遠城主仁科盛信は織田方の和睦交渉を断固として拒否し、ついに3月2日戦闘が開始されました。この戦いは高遠城の戦いと呼ばれており、武田勢3千が織田勢5万の大軍に対抗して玉砕した武田氏最後の戦いとなりました。
その姿は後々まで美辞され、盛信の流した血により城内に植えられているタカトオコヒガンザクラの赤みが増したと語り継がれています。
この高遠城の戦いの9日後勝頼が自害して甲斐の名門武田氏は滅び、高遠は一時的に織田氏の領地となりましたが、この年の6月の本能寺の変に乗じて、武田氏の旧臣で高遠氏の代官であった保科氏が高遠城を乗っ取り徳川家康に属して城主となりました。慶長5年(1600)の関が原の戦いの後、家康により江戸に幕府が開かれると上伊那には高遠藩(2万5千石→3万3千石)が置かれ、高遠城は政治、経済、文化の中心地となり、保科(ほしな)氏(し)、鳥居(とりい)氏(し)、内藤(ないとう)氏(し)と約270年間にわたり藩主の居城として続きました。
特に初代藩主保科氏に養子に入った正之は、3代将軍家光の異母弟であったことから、最上山形藩20万石を経て会津藩23万石へ増封となり、会津松平家の基礎を築きました。また、正之は4代将軍家綱の輔弼役(後見役)として幕政において文治政治を進め数々の善政を行った名君でもあります。
このことにより会津には高遠よりさまざまな文物がもたらされ、「高遠そば」などの食文化も伝えられました。
内藤氏は徳川氏の譜代で、先祖が関東総奉行であったことから新宿一帯を拝領しており、下屋敷のあった場所が今は新宿御苑となっています。また、領地の一部であった新宿駅周辺は、元禄11年(1698)に甲州街道の新しい宿場が設けられたため、内藤新宿と呼ばれ甲州街道の基点として賑わいました。高遠城は、明治5年(1872)、廃藩置県により建物はすべて民間に払い下げられ、暫らく荒れていましたが、当時の筑摩県の公園となり明治8年には旧藩士により城の対岸にあった馬場からさくらの木が移植され、現在のさくらの名所の礎が築かれました。昭和51年(1976)には高遠城址公園と名称が変わりましたが、園内には、往時の土塁や石垣などのほか明治以降に建てられた太鼓櫓や高遠閣などの建築物や多数の石碑があり、四季を通して大勢の皆様に親しまれています。

 

この画像は高遠コミュニティータウンにタウンに掲載されたものを編集したものです。
現在は、高遠城の建物は存在しませ ん。

 

高遠城に関するパンフレット
高遠城跡(みどころ) 高遠城跡(ごあんない)
高遠城跡パンフレット1面
高遠城跡パンフレット2面
三折り版(外面) 三折り版(中面)
高遠城パンフ(三ツ折) 高遠城パンフ(三ツ折)-2