このページは以前の情報です。新しい情報はこちらをご利用下さい。
平成30年(2018) 高遠城址公園さくら祭り

【桜】への取り組み ~日本一の桜の里づくり事業・桜憲章~

平成23年度
2011年2月14日 平成23年度

【日本一の桜の里づくり】
伊那市内には、高遠城址公園・春日公園・伊那公園・三峰川堤防・美和湖畔など、
市内全域に桜の名所があり、地域の公民館、学校など市内にも数多く植えられています。
また、旧伊那市・高遠町・長谷村の合併の際には、伊那市の花に「さくら」が制定され、
桜の本数などでは無く、心を育てる、愛着心を育てる、思いやりを育てるなど、
桜を通じて「市民の桜に対する思いやりが日本一」を目指し、
【日本一の桜の里づくり】事業を推進しています。
>>日本一の桜の里づくり事業概要はこちら<<

また、【桜】に対する取り組みとして伊那市高遠町では、
「天下第一の桜」と賞される【タカトオコヒガンザクラ】を
保護育成・継承していくために【桜憲章】を制定し、
高遠城址公園内に掲げています。

わたくしたちが遠い祖先から受け継いできた、
三峰川水系県立公園地内にある国の指定史跡、
高遠城跡一帯に群生する長野県天然記念物「コヒガンザクラ」の樹林を中心に、
町内各所に点在するコヒガンザクラの貴重な財産を後世に継承するため、
適切な管理のもとに保護育成する必要からここに桜憲章を制定する。 桜憲章

桜憲章は高遠閣前に設置してあります。

.....